宇宙人氏はミニカーに乗ってご帰還。

宇宙人氏ぃ~、こっち向いて~。おひとよし銀河団から地球に帰還した宇宙人氏のちっともミステリアスじゃない日常と、お庭番のつぶやきです。
1

楽園のうどん

朝から雨でした。

そんなに寒くはありませんでした。 

コーヒーを3杯飲みました。

近所の不味いパン屋で、大好きなおにぎりを1個買いました。

3種類あるのですが、鮭おにぎりは売り切れていました。

鮭は、人気があるようです。

ここは、朝は5時から営業しているので、早く来る人たちには

かないません。



近所の住宅街を歩いていたら、自宅を改装して営業している

うどん屋さんを見つけました。

1260


天ぷらうどん とか、外のメニュー看板に書いてありました。

ご主人のうどん好きが高じて、麺を自分で打ち始め、

しまいには脱サラして自宅を改装して

うどん屋さんを始めたってところでしょうか

当然、奥さんがフロア担当でしょう。

「人生の楽園」に出てきそうです。 

お庭番は、丸亀製麺に行ったら釜揚げうどん大盛で食べます。


では、ごきげんよ。


いつも応援ありがとうございます。感謝。
うどん食べたいなーと思った人も、ラーメンの方がいいと思った人も、今日もポチっとしてね


 

スポンサーサイト
0

Uアラート発令

宇宙人氏接近中!

宇宙人氏接近中!
 


ただちに身を守る行動を取ってください!



1259

 「未確認生物発見!」 

お庭 「いえ、それは向こうのセリフです!」 

 「ただいまから接近を試みます!」 





1258

 「ターゲットはこちらに気づいていると思われます」 

お庭 「当然です。こっちの方がはるかに怪しいです。
ちなみに、その辺を歩いている人からも怪しまれています」 




 「あ、ターゲット立ち上がりました!」 

1257

お庭 「翼に熱反応アリ!ターゲット、離陸準備開始!
宇宙人氏、撤収してください!」 

 「あと一歩なんです!」


ハイ、ざんねーん!

この後鳩は飛び立ってしまいましたー。




では、ごきげんよ。


いつも応援ありがとうございます。感謝。
週末割と暇だったなと思う人も、忙しかった人も、今日もポチっとしてね


  

0

恋するペンギンが旅立ったのだけど

気温が一気に下がった一日。

でも寒いといったほどではありませんでした。

コーヒーを2杯飲んで、チーズをサンドしたクッキーを

食べました。


無法地帯商店街にある唐揚げ屋が休業したと

以前エントリしましたが、再開の見込みはありません。

でも、動揺しません。

最寄りの私鉄駅前の商店街にも、有名な唐揚げ屋

があるのです。




夕方、ニュースを見ていました。

関東の動物園で、アニメのキャラクターの看板をずっと

見ていることで有名になったペンギンが亡くなった

そうです。

それを伝えるニュースのヘッドラインで、「アニメの

キャラクタとコラボしていたペンギンが死にました」と

紹介していました。

「死にました」って・・・。

もうちょっと優しい言い方はできないものでしょうか

ペンギンなので、「亡くなりました」はちょっと違うのかな

とも思いましたが、「息を引き取りました」とか言い方が

あるだろうと思うのです。

ニュースの中身では、「天国に旅立ちました」と紹介

していましたが。



 「山モミジと街モミジは違います。もちろん、知っていますよね?」

お庭 「は、はい

宇宙人氏は、たまに学者らしいことをおっしゃいます。

これは山モミジです。


1256
こう見えて、空を見上げる宇宙人氏


では、ごきげんよ。


いつも応援ありがとうございます。感謝。
山モミジと街モミジの違いが分かる人も、知らないと思った人も、今日もポチっとしてね




  

0

人だかりウォッチ

最寄りのJR駅前は朝は選挙の演説です。

現野党が政権与党だったときに大臣だった人が今朝演説を

していましたが誰も立ち止まっていません。

朝なんでね。

「いってらっしゃいませ」などとおっしゃっていました。

夕方、大通り沿いを歩いていると、歩道にご婦人方が

集まっていました。

全員手にスマホを持って、待ち構えています。

よく見るとその周りには、黒いスーツ姿のSP風の人たちが

数名いて、車が来るのを待っているようです。

通りを横道に入った奥に、高級ホテルがあるので、

そこにVIPがやってくるのでしょう。

角を曲がる瞬間は、車のスピードが落ちるので絶好の

シャッターチャンスということのようです。

なるほど。

よく考えたなと、ご婦人方の戦略と、そこを通るという

ことを知っているCIA並みの情報収集力に感心しました。

ミーハー心がうずいて、誰が来るのか知りたかったのですが、

気が小さいので「誰が来るのですか?」とも聞けません。

待っていられないので、そのまま通り過ぎました。

宇宙人氏がいてくだされば、「ねえ、誰が来るの?有名人?」

くらいのことは躊躇なく聞いたはずです。

宇宙人氏の不在が悔やまれました。



そのまま大通りを歩いていると、今度はものすごい数の

消防車が止まっていました。


消防士さんたちも歩道を歩いていて、消防車に乗りこむところ

だったので、帰るようです。

消防車の見本市かと思うほど、各種の車両が集結しています。

歩けども、歩けども消防車が縦列駐車をして連なっていて、

わんさか横道からも出てきます。

で、いつものとおり、消防車の姿はあれど、

火災現場は見当たらないというオチでした。

厳密にはどこかでボヤ騒ぎらしきものはあったのでしょうが、

「こんなに消防車がくるこたーない」というのが毎度のことです。



1255
これは火事ではなく、祭りのステージを見物なさっている宇宙人氏。



では、ごきげんよ。


いつも応援ありがとうございます。感謝。
更新サボりまくっとるのう~と思う人も、そうだっけ?と思う人も、今日もポチっとしてね


  

0

女性歌手の引退宣言と近所の新しいカフェ

無法地帯商店街にある闇市に行きました。

人気のあるパン屋の斜め向かいに、普通のパン屋があります。

そこでアイスクロワッサンというのを売っているのが

気になります。

食べたことはありません。



午後に、知人の絵の個展を見に行きました。

渋谷の駅前は常に工事中です。



1253
暗くなっていましました。補正するとなぜか宇宙人氏が
汚れているように見えるのでこのまんま。


人気女性アーティストが引退宣言をしました。

気が付いたら、私はこの人の歌を一曲もフルコーラスで

知りません。

それはともかく、

数年前、彼女のファンである知人が、コンサートを見に行って、

物凄い恍惚の表情を浮かべて、いかにそのコンサートが

素晴らしかったかを語っていました。


何故引退するのか?

報道が過熱しているようです。

まだまだ踊れる、人気絶頂、美学。

全部他人が言うセリフです。


そういうニュースを見ると、お庭番は以前聞いた、

日本のクラシックバレエ界の第一人者である

プリマドンナの話を思い出してしまいます。

クラッシックバレエというのはもっとも過酷な

踊りなのですが、バレエの世界では、

「1日休むと自分に分かる。

2日休むと仲間に分かる。

3日休むとお客さんに分かる」と

いわれているそうです。

それくらい、バレエは一日も練習を休むことが

できないものなのだそうです。

バレエに限らず、二十歳のときと同じパフォーマンスができる

40歳のアスリートはいません。

引退宣言をした女性歌手も、ほかならぬ本人だけは、

どれだけ踊れているか絶対に分かるはずです。

「踊れない」ということが、お客さんに知られる前に、

もしかしたら仲間に知られる前に、

引退したいと思う人もいるだろうと、お庭番は思います。

本当のところは、本人にしか分からないので

推測することに意味はないでしょう。


ちなみに、最後に「大トリで紅白出場か?」という記事を

見ました。

気は確かかと思います。

お庭番は紅白を見ませんが、

ここで最後に紅白に出るような人なら、

そもそもこんな風に引退するはずなかろうと思います。


あと、引退とは全く関係ないですが、

「Can you celebrate?」という英語はおかしいと、

指摘したのは、この20年間で私が知る限り、

ピーター・バラカン氏と三浦瑠璃氏だけです。


1254
個展会場のテラスにて。


さて、これ以上お茶を濁すのも限界になってきました・・・。



あ、近所の新しいカフェ

昨日見に行ったら、改装されて車庫になっていました。

中にライトバンが一台止まっていました。

 


では、ごきげんよ。


いつも応援ありがとうございます。感謝。
カフェの前で固まった宇宙人氏とお庭番に「動いて!」と思う人、今日もポチっとしてね


  

2

新しいお店と閉店するお店

家から1分もかからないところに、ヨーロッパの雑貨を扱うアンティークショップがあり、その隣に新しいお店ができます。

内装工事が始まっています。

中を見たら、店舗の奥に中二階というかロフト的なスペースが見えました。

オシャレな窓枠みたいなのも作って数枚置いてあります。

 「今度はカフェですね」

お庭 「隣にあるぼろい不動産屋の仲介ですかね」

 「中二階があるのが痺れます」

お庭 「中二階という言葉を知っている宇宙人は、宇宙人氏くらいですよ」

 「ソファ席だったらなおよいのですが」

お庭 「屋上の鳩小屋みたいなのも気になるビルですけどね」

などと、興奮しすぎて全くかみ合わない会話を延々とするお庭番と宇宙人氏です。


家から非常に近いので、期待度マックスです。

カフェができると思ってはしゃいでいたら、できたのはパンツ屋だったというあの悲劇はもうないでしょう。

No more パンツです。


来週には大勢が判明しそうです。


1252
近所で見つけた極小のお寺(推測)です。入口に〇〇院という看板があり、玄関横に「受付」という札もあります。


近所のお気に入りのから揚げ屋が、閉店してしまいました。

閉店とは書いてありませんが「しばらく休業します」と貼り紙に書いてあります。

「しばらく休業します」と貼り出して、しばらくして営業を再開したお店を見たことがありません。

しばらくしたら、別のお店の改装工事が始まっています。

その唐揚げ店は狭小店舗で持ち帰り専用でした。

若い男性がオーナー(推測)で、一人で調理兼販売を担当していました。

いつも唐揚げ屋らしからぬハンチング帽をかぶっていました。

唐揚げ屋らしい装いは何か?と言われても分かりませんが・・・。

行列ができるわけではありませんが、お客さんはコンスタントにいました。

繁盛したからなのか、最近ニット帽を被った若い男性が、レジ兼袋詰めを担当するようになりました。

ダサダサの人は雇わないんだなと思ったものです。

ハンチング帽の男性は唐揚げを揚げることと声出しに専念していました。

実は、この辺から私は心配になっていました。

果たして人を雇って大丈夫なのだろうかと。

経営を一番圧迫するのは人件費です。

ちょっと儲かってくると、人を雇いたくなるものです。

ですが、どんなに大変でもこういうお店は自分(又は家族)でやるしかないのです。

10年は自分一人で頑張る必要があります。

家賃と人件費でドンドン赤字が膨らんでいき、休業に追い込まれたのです。

以上。

全部私の想像です。

本当の休業理由はさっぱり分かりません。

 「僕も、憧れのカフェ経営をしてみたいものです」

お庭 「おひとよし座の人は、一番経営に向いていません」


1251
お寺ではありません。ご飯を食べに行ったところにあった美術館です。


では、ごきげんよ。


いつも応援ありがとうございます。感謝。
新しいお店が気になる~と言う人も、さっさと偵察に行ってきて!と思う人も、今日もポチっとしてね




  

0

宇宙人氏、また公園を聞かれる

近所にある大きなお寺に行きました。

境内で、親子に声を掛けられました。

母親 「この辺に〇〇公園はありませんか?」

ハイ、出ました!

また公園です。

傍に小さい男のが一緒にて、こちらを見ています。

この子が公園に行って遊べるかどうかは、私と宇宙人氏の道案内にかかっています。

その公園には、とてつもなく大きな滑り台があります。

幅が10メートル以上あって、3階の屋根から滑り降りるくらいの落差があるのです。

その滑り台を見たら、男の子はさぞ驚くでしょう。

その公園は、お寺の裏手にありますが、お寺を通り抜けて行かなければ、階段を降りて大きなお寺をぐるっと回ってもう一度一丘超えて行かなければなりません。

坂道が多いエリアなのです。

ただし、境内を通り抜けるといっても、庭を通り抜ける階段は封鎖されていて、いったん境内の階段を上がって、本殿の外廊下をぐるっと回って本殿の横の階段から出てくしかありません。

この親子がそんなトリッキーな構造を知っているはずがありません。


でも、年がら年中このお寺で散歩しているお庭番と宇宙人氏なら、簡単に通り抜けられます。

私たちに声をかけたこの親子の勝利です。

 「それってあの大きい滑り台がある・・・」

大きい滑り台はあるのですが、未確認生物に道案内をさせるわけにはいきません。

お庭 「お寺の裏にありますよ。でもそこの階段は通れないので、あっちの階段を上がって、外廊下をぐるっと回って、横から出ていったらすぐ裏にあります」


母子はお礼を言って、境内の階段に向かって行きました。

お母さんは虫取り網を持っています。

でも、公園に虫はいないので、虫取りはこのお寺でやったと思われます。

大きな滑り台は、大人が滑っても面白そうですが、お庭番はまだ滑ったことがありません。

ここ数日で、二組の親子を目的の公園に導いたお庭番と宇宙人氏です。


 「自分ばっかり・・・」

道案内がしたかった宇宙人氏です。


1250
また釣りのできる公園に背の高い鳥が来ていました。アオサギという鳥かもしれません。


では、ごきげんよ。


いつも応援ありがとうございます。とっても嬉しいです。
宇宙人氏にも道案内させてあげてと思う人も、見つかったら危ないからやめておくべきと思う人も、今日もポチっとしてね




  

0

宇宙人氏、公園を聞かれる

近所を歩いていたら、自転車に乗った親子がやってきて、声を掛けられました(親に)。

お母さんが運転していて後ろに男の子が乗っています。

 「この辺に、公園があると思うのですが。どこにありますか?」

公園はたくさんあります。

いつも近所をパトロールしている宇宙人氏と、それに同行しているお庭番ならどこの公園でも分かります。

釣りができる公園

森林公園

ボート遊びができる公園

広いグラウンドがある公園

各種あります。

もちろん宇宙人氏が好きなのは、釣りができる公園(アスレチック遊具あり)ですから、真っ先にしゃしゃり出ようとします。

 「釣りがで・・・」

出ようとしますが、当然お庭番が阻止しました。

道案内をする未確認生物なんて聞いたことがありません。


お庭 「公園ならたくさんありますが、どの公園ですか?釣りができる公園ですか?」

 「あの・・・大きな滑り台がある公園です」

なんと。

よりによって、お庭番の家から一番近いのに前を素通りするだけで、一度も立ち入ったことのない公園に行きたいというのです。

大きな滑り台がある公園は二つありますが、近いといえばそこしかありません。

おそらく滑り台で遊びたいのでしょう。


お庭 「それだったら、この道の突き当りを右に曲がってまっすぐ行った左側にありますよ」

 「ありがとうございます」

お母さんは、自転車の向きを変えて走り去っていきました。

親子は、真反対の方向へ向かって走っていたのです。

 「あそこの公園にわざわざ行きたい人がいるんですね」

お庭 「滑り台が魅力なんですかね」

 「釣りができる公園を教えたかったな・・・」

それはあなたなの好みでしょう。

お庭番たちは行きませんが、子供たちは滑り台でよく遊んでいます。

幅が3メートルくらいある大きな滑り台なのです。

で、そんなことがあってからまた数日後。

お庭番たちはまた公園を聞かれたのです。

続く・・・。



1249


これは違う公園です。
花壇で花浴びをする宇宙人氏


では、ごきげんよ。


いつも応援ありがとうございます。とっても嬉しいです。
なんてことはない話ですが、今日もポチっとしてね




  

0

人生が複雑になる理由

お庭番はガラケーなので、スマホでLineをしていません。

はい、周りに嫌がられます。

実はPCでLineをしていますが、基本的に家族と連絡するためなので、若干名しか友達になっていません。

Lineは、瞬時にやり取りができるのが利点ですが、たいていの人が同時に何人もの人とLineをしているようです。

そこで、やり取りが多すぎて「この人への返信は後回しにしよう」と思っているうちに返信を忘れるという事態が起きます。

そのとき既読スルーを「した」「された」と殺人事件や虐めが起きたりします。

なぜそうなるかというと、扱う情報量が自分のキャパや能力を超えているからです。

10個しかお手玉を回せない人が、20個のお手玉を回せば、落とすのは当然です。


1247
宇宙人氏とお庭番お気に入りの公園に大きな鳥が来ていました。背の高い鳥が立っているのが見えるでしょうか?


続き・・・。

仕事ができる人は時間がないので、メールのメッセージなどは一度しか読みません。読んだらその場ですぐ返事を書きます。

要は返事が書けるときに一度だけ読むのです。

どうしても今時間がないなら「後で連絡します」という連絡をします。

放置ということはしません。

既読表示をせずに読む方法があるようですが、それをやっている時点ですでにLineの奴隷です。

Lineをするなら、家族とか恋人とか親友とか、よほどの関係の少人数に絞るのが賢明です。

それ以外の人はメール。


Lineを使うことによって便利になった気がしている人が多いかもしれませんが、実は人生を複雑にしているだけなのです。


ちなみに、「既読スルー」を気に病む人に限ってヤフー知恵袋に相談していますが、スルーした本人に聞かなければ、永久に答えは分かりません。



1248
久しぶりに近所のお寺に行って、無事カエル氏に挨拶している宇宙人氏。





では、ごきげんよ。


いつも応援ありがとうございます。とっても嬉しいです。
それでもやめられないと思う人も、シンプルでいたいと思う人も今日もポチっとしてね


 

0

魔法使いと似た者同士

夕方、近所を歩いていると、長~い黒髪に、地面スレスレのスカートかバミューダパンツをはいた全身黒ずくめの男性(推測)とすれ違うことがあります。

お庭番はひそかに「魔法使い」と呼んでいますが、異邦人という形容詞がピッタリです。

私以外の人にも見えているのかは分かりません。




近所の祭りは雨でしたが、その前週の大通りの神社の祭りはものすごい夏日でした。

宇宙人氏は、境内で奉納神楽を御覧になっています。

1245

神楽の踊るスピードは地方によって違います。



1246


お庭番の好きな屋台です。


宇宙人氏(手前)は人形(柱にしがみついている)に、声をかけています。

 「振り向いてもらえません。」

似た者同士は反発し合う法則です。





では、ごきげんよ。


いつも応援ありがとうございます。とっても嬉しいです。
振り向いてあげてと思う人も、そういうときもあるさと思う人も、今日もポチっとしてね